Leadの15周年ライブに行ってきた話

 

先月の30日、Leadの15周年ライブに行ってきました。タイトルは「感今導祭」。10周年のアニバーサリーライブと同じタイトルでしたね。タイトル通り、今のLeadをこの目でみて感じられる、素敵なお祭りでした。

 

そして私は、久しぶりにこんなに涙出ることあるのか、というくらいに泣きました。ここ数年でファンになった私には15年分の思い出なんかない。なのに涙が止まらなかった。

アンコールでのこと。15周年ライブということで、Lead、おめでとう!という掛け声でした。全3公演のラストである、30日2部の公演ではいつにも増してそのアンコールの声に一体感を感じました。Lead、おめでとう。その声のなかには長い間応援してきた人、デビューからずっとLeadのことを支えてきた人、そうではなくてもLeadが大好きな人。いろんな人が一緒になってこの記念すべき15周年をお祝いすることができる場所にいることがとっても幸せに感じました。
それと同時に、Leadがいろんなことを乗り越え、こうして15年活動することがなければ私はLeadと出会うことができなかったことに気づきます。MCをはじめいろんなところで、3人はファンの方、スタッフさん関わってくれた人のおかげで自分たちはいる、というような感謝を述べていた。好きになって数年のわたしからすればわたし個人に限っては感謝されるほどのことなんかしてないし、むしろLeadに感謝の気持ちしかありません。だけど、Leadを支える人がいなければこれまでLeadが活動してこれなかったことは揺るぎのない事実なのです。10年以上もの間、なにがあろうと好きな人を応援し続けられることは、並大抵のことではありません。思い返してみれば、わたしは10年以上何かに続けて取り組んだり、好きで応援し続けたりしたことがあったでしょうか。
そんなLeadを支えた人達がいたからこそ、LeadはLeadでいられたのだろうなあ。私はあの日のアンコールの声を聞きながら、そんなことをぐるぐる考えていました。


このあたりから笑顔でライブを楽しんでいた私の涙腺は緩み始めます。そして会場の声に応えて登場する3人。曲はデビューシングルである真夏のMagicで、後ろのスクリーンにはMVが同時で流れていました。とっても可愛い、まだまだ中高生の4人。原曲とわざとかぶせで歌うという素敵な演出もありました。2部では(というか2部で気づいたから、もしかすると1部もそうだったかも…)宏宜のパートを誰も歌わず、原曲の声を聞かせてくれた時は大きな歓声上がっていました。後ろにうつる15年前のLeadと今、私たちの目の前にいるLeadを見て、涙があふれました。こんなに幼いときから今まで15年間、Leadでいてくれてありがとう。そんな思いでいっぱいになりました。
真夏のMagicでも、その次のshow me the wayでも、会場の掛け声や歌声は揃っていて、あぁ、このLeadが大好きな人しかいない空間ってなんて幸せなんだろうと思いました。そんな幸せな気持ちの中、大好きなLeadがLeadでいてくれることが嬉しくて、涙が止まりませんでした。Leadがこんなにも大好きなんだ、と止まらない涙を流しながら、笑顔で歌っているわたしがいました。
ライブが終わった後は抜け殻のようになり、座席に座ったまましばらく動けませんてました。そのまま動きたくなくて、いつもは終演した瞬間にすぐ帰ってしまうわたしが、会場から出ることすら寂しかった。こんなに充実感に溢れていて余韻から抜け出せないライブは初めてかもしれません。

さきにアンコールのことばっかり書いてしまいましたが、本編も最高のライブでした。FLY AWAYから始まり、宣言通りアンコールの2曲を除く全シングル30曲がノンストップで披露されました。ライブを見るまで「いやいやノンストップって、、、着替えないの!?何かしらで止まるんでしょ?」なんて思っていたけど、メンバーがステージから消えることは一度もなく曲はノンストップで続き、衣装替えも行われていたのです。
2時間弱休憩なし(MCが休憩だというつもりは無いけど)のライブはきっと簡単にやりましょうと言ってできるものではないと思います。ましてやダンスも歌もぶっ続けなんて終わった今でも信じられない。(というか1日2公演したのは本当に意味がわからない。体力がバケモノ過ぎる。褒めてます。)今でもそんなライブやコンサート、見たことがありませんでした。
ところどころ辛そうだというか、そんな気持ちが垣間見えるような表情も見受けられました。ダンスナンバーが続いたStillなんかきつかったよね。特に本編ラストの新曲。輝はとっても疲れたように見えました。それは疲労感というより、ラストの公演にすべてをかけてきてくれたという表現の方が適切かもしれません。その顔がなんともかっこよくて、強く印象に残っています。
そんなノンストップライブ、無理をしてでもやることに意味があったんだろうなぁ。15年前から最新までのLeadの曲を使って、今のLeadを100%で見せてくれたように感じて、嬉しかったです。ステージ上でパフォーマンスに真摯に向き合う、Leadがやっぱり大好きです。

 

最後に。わたしが好きになった時にはもう卒業していた宏宜について、パフォーマンスを見にいったこともないのに、応援することもできなかったのに、好きだとか、ありがとうだとか言及することに抵抗がありました。悔しいけどわたしなんかが宏宜について語ることなんてできない、と。今もまだそういう気持ちはあるけれど、わたしが今のLeadがあることはもちろん、直接的ではないにしろ、そんなLead出会うことができたのも宏宜がいたからこそだと思っています。宏宜にいっぱいいっぱいのありがとうを言いたいです。

 

 

ダンスボーカルグループにはまる

 

今月末に15周年を迎える、あるグループの話をしにきました。

ダンスボーカルグループのLeadというグループのお話です。

 

15周年ライブが始まる前に更新しようと思っていましたが、前日になってしまいました。15周年という節目を機に、私がLeadを好きになったきっかけについて振り返ってみたいと思います。

 

Leadとは、2002年に真夏のmagicという曲でデビューした4人組(4年とすこし前にリーダーが抜けた為、現在は3人)グループです。

中学生時代からジャニーズという大きな深い沼にどっぷり浸かっていた私は、ジャニーズ事務所以外の男性アーティストに興味を持つことがありませんでした。数年前までは。

次第にガラケーからスマホが主体となる世の中になり、私の中で1番大きかったことはYouTubeがとっても手軽に見られることでした。
というか、今わたしが好きなものは、スマホを持っていなかったらおそらく好きではなかっただろうな、というものばかりです。

話が逸れましたが、スマホを持ち始めたわたしはYouTubeを見漁るわけです。YouTubeにはオススメの動画というとても素敵かつさらに深い沼に導くような機能がありますよね。
わたしはそこでたまたまLeadの事務所の先輩であるw-inds.の動画を見つけることになります。w-inds.は昨年15周年を迎えたのですが、デビュー当時のあの印象的な曲とジャケットは今でも忘れません。懐かしく感じてとても久しぶりにw-inds.を聴き始めました。(というかYouTubeで動画を見漁ってたんですけど)
先ほども申し上げたとおり、YouTubeにはオススメの動画という機能が。
そこで見つけたのがLead。名前は知っていました。そういやLeadって接触えぐくなかったっけ??そのためか少しアイドルっぽいイメージを持っていたところもあります。
まぁ、見てみるか。と、見てみたのが当時の新曲「サクラ」というシングル曲のMV。

昔からジャニーズばかりを何年も見てきただけではなく、男性アイドル(ダンスボーカルグループ系のアイドルを含め)に全く知識と興味がなかったので、歌やダンスのうまさ、シンクロ具合を新鮮に感じてしまいました。接触商法から抱いていたアイドルのイメージは、いい意味で覆されました。(いまどきアイドルでなくても接触イベントはやるよね。)

高いパフォーマンス力を持ちつつ、アイドルっぽさも垣間見えるような曲を歌ってる彼らが気になり始める私。なぜ誰ももっと早く彼らのことを教えてくれなかった??????と誰かに問い始める。

歌上手い、ダンス上手くて揃ってる、顔がいいはもちろん、このサクラという曲が私にとってドストライクな曲だったのかなぁと思います。
爽やかさというか、春に聴きたくなると言うか、歌詞も背中を押してくれる感じで、アイドルっぽい素敵な曲なんだけど、かっこいいダンスも好きで。1度MVをみてこの曲好きだ!ってなりました。
とはいえ特に深入りはせず、シングルをひと通りさらっと聴いて、新曲が出たらYouTubeでチェック!という程度でした。
が、しかし。動画を見ているうちに、やはりYouTubeは私を沼にはめようとしているのでしょうか、やたらとLeadの動画をおすすめしてきます。(関連動画に出てくるだけなんだけど)おすすめされたら、見るしかないですよね。気づけば過去の曲を聴き、過去の映像を見るようになり、ついにはSNSなんかも覗いちゃったり。

まって?なんかハマってない?

そう、私は知らない間にLeadについて調べ始めていた。気づけば検索履歴はLeadでいっぱい。初めて見たときに、この顔好きだなーかっこいいなあと思っていたのが鍵本輝くんだったんですが、彼のインスタの自撮りがまぁかっこいい。

そして季節は春。彼らは夏ツアーを毎年Upturnと題して行っています。つまりそろそろ申し込みが始まる季節がやってきます。
行きたい。でもFCはまだちょっと、、、
そんな私に朗報。FCには入らなくても、モバイルにもチャンスは巡ってくるのでした。
もう席どこでも良いから行きたい。ライブが見たい。と思っていたらなんとかチケットが手に入り、ドキドキしながら大阪に向かいました。

先に言ってしまうと、この日私は本格的にLeadに落ちました。

歌が上手いのもダンスがかっこいいのも、短い期間で動画なりCDなりで勉強したつもりだったけど、やっぱり生に勝るものは無かった。てかまずあれだけ歌って踊り続けて1日2公演ってどんな体力をされているのでしょうか???

具体的に感想を述べると長くなりすぎるので割愛しますが、私が初めに抱いていたアイドルっぽいイメージをまたしても裏切ってくれたのでした。
オープニングからかっこいい曲かっこいい衣装かっこいいダンスでぶっ飛ばしてくるかと思ったらカラフルなセットと共に出てくる3人の可愛さにやられたり、バラードでゆっくり声が聞けたり、みんなで一緒に盛り上がれたり。とにかくかっこいいから可愛い、楽しいまで振り幅が広すぎて、大満足の2時間でした。

先ほども少しお話した接触商法とやらの話ですが、Leadはリリースに際してイベントを行うことが多く、握手や撮影など、3人と直接お話できる機会があります。女の子のアイドル以外握手会などに行ったことが無かったのでどんなものかドキドキしたのですが、3人の顔面のクオリティに驚くとともに、応援しているよ!ということを本人へ直接伝えられることに嬉しさを感じました。
接触商法、、、やべぇ、、、とか思っていた数年前の私はどこかへ消え去り、ちょこちょこイベントに通ってしまっています。おたくってちょろいですね。

でもやっぱりライブに行くたびに、私が1番好きなのはステージで歌って踊ってるLeadだな、と思います。手が届きそうで届かないところでキラキラ輝いている3人を見るのが何よりも幸せな時間です。まだまだ好きになって日は浅いのですが、これからも彼らが輝くステージをたくさん見ていきたいな、と思っています。

そんなLeadは今月の31日に15周年を迎えます。そしてアニバーサリーを記念したライブも行われます。本人達のお話によるとなかなかの曲数をノンストップでやるとか。彼らは1人あたりいくつの心臓と肺を持ち合わせているのか。乞うご期待。んー!楽しみ。

それから8月にもシングルが出ますね!8月に入ると予約イベントも全国で始まるので要チェック!散々ライブが1番!!とか言いながらちゃっかり接触イベにも行きます。すみません。だってかっこいいんだもん!!!

 

 

アイドルって

 

 

アイドルって一体何なのだろうか。

どこまでがアイドルで、どこまでがアイドルではないのか。ふと考えてしまいました。

 ここで私がお話ししたいのは、○○の事務所だから、パフォーマンスがどうだから 彼ら、彼女らはアイドルだとか非アイドルだとかそういうお話ではありません。

 

私はアイドルが好きです。女の子も男の子も。何が好きなのかと問われると一言では答えられないけど、1つ言えることは非現実的なキラキラした世界を見せてくれる、ということかな。

アイドルを好きになってだいぶ長い時間が経ちましたが、その間に応援していた子はたくさんやめて行きました。もちろん同じグループではなくいろんなグループ。いろんな理由でいろんな子達がアイドルをやめました。そのなかで今もアイドル活動を続けている子はいません。

やめる、と言っても色々なパターンがありますよね。事務所、本人から直々に卒業発表があり、卒業を機に会える機会つくってくれるケース。例えば卒業コンサートだったり卒業公演だったり。卒業公演を終えても握手会に参加するなんてこともありますよね。卒業するに関してはつらくても、応援してきたファンにとっては1番幸せな終わり方だと思います。

または、事務所やタレント本人から卒業発表があっても、もう会えるチャンスがない場合。やめてしまう事実だけ伝えられ、あぁあの時もっと会いに行けば良かった…後悔ばかりが残ります。

それから、事務所や本人たちの口からもやめる、卒業する、などの言葉を聞くことができないというパターン。主にSNSを使うことができないジャニーズJr.にありがちなパターンでしょうか。SNSを使うことができてもはっきりとしたことが言えなくて、応援してくれた人、仲間に感謝を述べることしかできず、ファンはそれを察知しかできない。やめるという言葉を一切発さず、最後の公演中に涙するなんてことを耳にしたことがあります。

他にもあるかもしれませんが、わたしが見てきたなかで大きく分けるとこのような感じでしょうか。

やっぱりこうやって考えてみるとと卒業発表があって、最後に会える機会を作ってもらえることがどれだけありがたいことなのかわかります。初めて推しの卒業を経験した時がまさにこのパターンで、握手会で泣きながらお別れしたことを今でも覚えています。

ここ最近ではその当時ほど現場に足を運べていないこともあり、お別れも感謝も伝えられないまま…なんてこともありました。いまはTwitterという便利なものがあり、一方的であれば伝えることはできるのですが。

 

アイドルはどこまでアイドルなのか。というお話でしたね。過去、アイドルをやめた推しのなかにはアイドルをやめても芸能活動を再開する人もいたし、自分自身で制作活動をしてる人もいます。Twitterなど何かしらで彼女たちの近況を知ることができました。でも、なんらかの活動をしている推しを見ても正直、アイドルをやめた彼女たちに現役の時と同じレベルの興味を持つことができませんでした。あぁ、やっぱり自分ってアイドルが好きだったんだなぁと改めて実感した瞬間でもありました。

卒業後、普通の女の子に戻った推しの様子は、探ったりしない限りわかりません。だから私の中では卒業当時で時が止まってしまっているのでした。自分にとってはずっとずっと好きだったアイドルのままなんです。例え高校生が大学生になっていても、社会人になって働いていても、結婚していても。

となると、アイドルって結局言葉の意味通り偶像であって、こちら側の勝手なイメージでしかないのだろうか。わたしがアイドルだ!と思えばアイドルだし、そうではないと思えばそうでない。その人のことをアイドルだ思う人が1人でもいるのなら、彼女たち、彼らがいくつだったとしてもアイドルなのです。だってその人にとってのアイドルですもんね。という風にわたしが思うのは、アイドルとしてステージ上で、テレビ越しで輝いている推しが1番好きだからなんだと思います。

1つ言えることは、後悔しないように、会いたいときに会いに行くことです。どんな事務所、グループにいてもいつ自分たちの前に現れなくなるか分かりません。

若いうちから芸能界に入って、若くでやめちゃうなんて勿体無い。そうと思うことが多いけど、逆に自分の将来をしっかり考えて決断できてきるのかな、と思うことにしています。やっぱり応援しているひとには幸せになってもらいたいし、どんな道であれ夢を叶えて欲しいなって思います。

素敵な夢を見させてくれて、ありがとう。

 

 

原宿駅前パーティーズにはまるまで

 

 

原宿駅前ステージが誕生してもう1年半程。

原宿駅前パーティーズを知ってから気がつけば1年が経っていました。

 

私がパーティーズに興味を持ち始めたのは、ふわふわと原駅ステージAの両A面シングルが出たあたりでした。いわゆるデビュー出というやつでしょうか。

 

同じ事務所所属のアーティストのファンでもあったため、ステージが出来た当初から存在自体は知っていたものの、自分より10個近く年の離れた子がいるグループなんて………!ましてや人数多すぎ…みんな同じ顔にしか見えない。という気持ちからあまり興味を持てず。 

きっかけは「フワフワSugar Love」という曲でした。何となく耳にしたことはあったものの、これがふわふわの曲か〜〜みたいな認識。お店の有線で流れてきてはじめてまともに聞いたときに、 

なにこの王道アイドルソング!!好き!!!

ビビッときました。

気になったわたしは早速動画サイトでMVを検索。やっぱり曲が好き。そして衣装がかわいい着ているアイドルたちも可愛い。振りも簡単でフリコピしやすい。気付いたら ふわふわ センター で検索しているわたしがいました。その子の名前は中野あいみちゃん。雑誌の専属モデルをやっている子でした。当時中学2年生。びっくりぽん。

わたしが中2のときなんかお化粧もしてなかったぞおい…………というのは置いといて。そのあいみちゃんを挟む両脇の2人………

小6!?!?!?

えっ?この子たちまだ中学生にもなってないの?ランドセル背負ってるの?わたしが小6のときなんか………(以下略)

信じられませんでした。今でもはるるとちゃまが中学1年生(もうすぐ2年生かな?)なのは信じていません。10歳くらい年下なのも信じていません。(ただ話すとやっぱり幼いなぁ可愛いなぁ、と思うことは結構ある)

そのあたりからパーティーズに興味を持ち始めるようになりました。

 

ふわふわがかわいいことは分かった。じゃあ一緒にデビューした原駅ステージAは?

エースの曲はフェアリーズ藤田みりあちゃん(もうやめてしまいましたが)が出ているドラマの主題歌だったので曲は知っていました。MVを検索してみてみたところ、ダンスがキレッキレで驚きました。ただ、曲があまり好みではなかったため、センターの黄色の子の表情が良いな、くらいの印象。 

エースにはまったのはその年のライジングのフェスみたいな(適当)のの中継を見た時でした。そのときはまだふわふわくらいしかわからなかかったです。(正確に言うとピンクは以前からフェスに出ていたので、ある程度顔と名前、数曲くらいの知識はありました)

個人的にはSugar Loveの衣装が好きだったので、あ、あの衣装じゃないのね…って思ってしまったけど、恋のレッスンの衣装もふわふわらしくて可愛かった。とにかく可愛かった。この頃は大体のメンバーの顔と名前が分かるようになってたかな。

 

その次に出てきたのが原駅ステージA。現場に行ったことがないわたしは動画で見られる範囲の曲しか知らなかったので、はじめて「Safari」という曲のパフォーマンスを見ました。あとで調べると新しい曲だったみたいです。

デビューシングルで明るい感じの「Rock Star」とは違ってかっこいい曲。(他にもかっこいい曲はたくさんありましたが…)単刀直入に言うとSafariの曲調と振り付けが好きでした。あっこんな曲もやるんだ。っていう発見。そしてやっぱりセンターの黄色の子、伊藤貴璃ちゃんのダンスのキレと、表情が超イイ!

 

さらにはその少し後のTHE MUSICDAY にふわふわとエースが出演したときのこと。ふわふわは絶賛売り出し中の恋のレッスンを披露。まぁ想定内。エースはCD出してないし、Rock Starかぁ〜。と思っていたところ、披露されたのはなんとなんとなんと!Safari。え〜〜〜〜地上波でこれは最高かよ!エースが見つかる!見つかる!!ヤッターーーー!!!と録画を見て歓喜したのを覚えています。やっぱりテレビで見ても良かったなぁ。

ということで軽率に、エースにもはまってしまうのでした。

 

それからピンクは上でも少しお話しした通り前から存じ上げていたですが、なんせアクロバットがすごい。はじめて見たときは、というか、原駅ができる前、できてすぐもかな?男装をしていることが多かったからそのイメージが強いけど、今はそうでもないみたい。あの狭いステージでアクロバット見てみたいな。

 

最後に原宿乙女。乙女はメディアの露出が少なかったから、中田陽菜子ちゃんは知っていたけど、グループとしてはあんまり詳しくなくて、詳しくなってきたのも去年の夏を過ぎてからかな。公式サイトの写真を見てあんまり良いイメージ(この子かわいい!!とかそういう意味で)というかこれという印象が無かったんだけど、パフォーマンスしてる動画を見たら可愛い子多いやん!そしてスタイルがよすぎる!って感じ。楽曲は1番好きかな。

 

そんなこんなで毎週木曜日のAbemaを見つつ、東京にいく機会があれば公演に入ったり、配信を見たりとほぼ在宅ながら一年でどっぷりはまってしまいました。

 

いやーーーみんな可愛いっす。

 

 

 

はてなブログはじめてみた

 

読む専門だったのですが、はじめてみました。

 

好きなアイドルのこと、アーティストのこと、現場に行ったときのこと。書きたい時に書きます。 記録用になってしまいそう。